一条工務店の求人トップ > キャリア採用トップ > 営業 > 営業インタビュー > 佐藤 隆央(いわき営業所 営業課)

営業インタビュー

転職事情File
佐藤 隆央(いわき営業所 営業課)Map
入社 2003年7月入社
前職 飲食店でホールや調理を担当していました。
家族 今は妻とオカメインコの3人ですが、もうすぐ子供が生まれます!
辞めた理由 給与面が不安で、将来のビジョンを描けませんでした。
決めた理由 一条の「家づくりへのこだわり」に共感できました。
趣味・特技 ペットのオカメインコを可愛がることです(笑)。
奥様からヒトコト 新天地で、子供と一緒に頑張ろうね!
 

※プロフィールは取材時点のものです。
辞めた理由と決めた理由は?(前の仕事は?:飲食店ホールスタッフ)

前職では、都心部の有名なレストランで、ホールでの接客や調理、売上管理、スタッフの指導などを担当していました。実は大学時代に入ったアルバイトから正社員に採用されたんです。芸能人も来店するようなお店で、仕事も面白かったですし、職場の雰囲気もよかったのですが、給与制度が整っていないこともあって、給与面では不安がありました。仲の良い4、5年上の先輩に話を聞いても、そこまで私の年収と変わらず、仕事内容も私とほぼ同じ。将来を考えた時、ビジョンやキャリアパスをうまく描けなかったんです。20代の半ば、次を探すなら早いうちに…と思い、転職を決意しました。

ちょうどその頃、友人が家を建てたんです。その友人は「家づくりがとても楽しかった」と真新しいリビングで私に熱弁を奮ってくれて。まだ転職先の業界や職種は決めていなかったのですが、こんなに人をワクワクさせることができる家づくりに、次第に惹かれていきました。ホームページなどで各ハウスメーカーを調べる中、一条に出会いました。展示場で行われた面接では、店長が語ってくれる一条の家の魅力がすっと頭に入ってきて、純粋に「いい家だ」と思えたんです。性能面で他社と差別化できる部分が多く、未経験でも営業できるイメージが湧きました。また社員の給与や評価制度も明確でしたので、「一条なら新しいチャレンジをはじめられる」と思いました。

未経験での住宅営業、いかがでしたか?(やりがいキーワード:お客様との深い関係)

研修では業界知識から一条の家づくり、接客スタイルまで学べましたし、配属先では先輩とのOJTや接客ロールプレイングで、展示場での営業デビューに備えました。ちょうどクリスマスの頃でしたね、デビューの機会は突然やってきました。たまたま先輩方が不在にしていて、私しか展示場にいなかったんです。そこで営業デビュー。学んだ知識を総動員して、たどたどしかったとは思いますが、一生懸命ご説明しました。それが私の初契約。定年退職間近のお客様で、きっと私が新人であることはわかっていらっしゃったと思います。でも、後日契約の理由を伺うと「一生懸命さがよかったんだ」とおっしゃってくださって。ただただ、うれしかったです。人生最高のクリスマスプレゼントでしたね(笑)。

もともと収入アップが目的で一条に転職したのですが、それ以上に、今では人の役に立っていることを実感できることに仕事のやりがいを感じています。先日も、お引き渡し後の訪問でお客様宅にお邪魔しました。その時は奥様が手料理を出してくださって、一条の家がどれだけすごいのか、家族みんなが私に2時間も営業してくださったんですよ(笑)。そんなお客様の笑顔が、いつしか仕事のモチベーションになっていきました。飲食店勤務時代もお客様と会話はしていましたが、お客様は入れ替わり、立ち替わるもの、そこまで深い会話はありませんでした。でも、一条は本当に深い部分までお客様と関われるし、それが建てた後もずっと続きます。人間関係を築くことは営業職の難しさですが、一条はその関係を築きやすい会社だと思います。

1年前に福島へ転勤されました。どんな思いがあったのですか?(勤務地:福島県)
現在、妻とオカメインコのベルと3人家族です。もうすぐ子供が生まれますので、一人家族が増えます。これからは今まで以上に仕事を頑張るつもりです。

私の実家は福島県伊達市です。一条に入社以来、ずっと埼玉で働いてきましたが、東日本大震災後、復興の一環もあって、会社も福島県への異動人員を募集していました。当時の店長がそのお話を持ってきてくださったんです。妻は実家が埼玉でしたので、異動には反対だったかもしれませんが、「新しい場所で一から頑張ろう」と言ってくれて…。私も故郷への思いから、異動を決めました。妻にとってははじめての土地でしたし、心細かったと思います。私も普段からなるべく早く帰宅するようにしましたし、休日は必ず一緒に外出しました。今はもうすぐ子供が生まれるので埼玉の実家に戻っていますが、妻は「福島で、3人で頑張ろうね」と言ってくれています。妻には感謝してもしきれないですね。

新天地では私自身も一からのチャレンジになりました。配属先は全国でも営業成績がトップの展示場ですので、これをずっとキープできるよう、私も貢献したいと思います。震災後ということもあり、災害に対する安全性や家づくりのスピード感など、お客様のニーズも埼玉時代から大きく変わりましたが、そのニーズにも、一条として誠実に応え続けていきたいと思います。それが、必ずお客様の笑顔につながると私は信じています。

Prev Next