求める人物像

「求む、1,000万円プレイヤー」
森口 茂/執行役員兼 姫路営業所 統括責任者

姫路営業所 統括責任者の森口です。
実は私も、キャリア採用の入社組。ずっと営業畑でやってきた人間です。
私からは、他業界から転職してきた者として感じた、一条工務店の仕事の素晴らしさをお話しましょう。住宅営業として成功するヒントや必要な能力、つまりは一条が求める人物像が、たくさん詰まっているはずです。

まったく嘘のない営業
 

このページを見ている人の中には、現在、営業の仕事をしている人も大勢いることでしょう。さて、あなたの転職の動機は何ですか?

ひょっとして、“扱う商品への不満”ではないですか?

世の中には実に多くの商品があふれていますが、その中には、なんらかの欠点を抱えた商品が少なからず存在します。もしあなたが、その欠陥商品とはいかないまでも、要改善点のある商品を、そうと知りながら売らなければならないとしたら、どうしますか。

欠点を隠して、嘘をついて、売りますか?
はじめは心が辛いでしょう。
でも、もっと辛いのは、嘘に慣れていく自分を自覚するときかもしれません。

それとも、正直に欠点を伝えて、売りますか?
嘘はつかないまでも、心苦しいものです。第一、なかなか売れないでしょう。

一条工務店の営業には、その苦しみが一切ありません。
なにしろ一条工務店の家は、“標準仕様で文句なしの家”なのです。
真っ正直に、自信を持って商品説明をするだけでいいんです。
そして、一条工務店で家を建てられたお客様は、必ず幸せになっていただけるのです。

一生の仕事として営業職を選んだ者にとって、これほど幸せなことはありません。

心を動かすコミュニケーション能力

そんな営業スタイルがあるものだろうか。
営業職の経験者であれば、いぶかしく感じるかもしれません。
そう思った方はぜひ一度、お客様の振りをして一条工務店の展示場を訪れてください。

住宅ほどの高額商品の場合、いくら商品の良さ、性能、機能を頭で理解していただいたとしても、心が動かなければご契約には発展しません。
そして、心を動かすのは、やはり心です。
私たちは、お客様と対話しながら、このお客様に、将来にわたって一条工務店の家で健康的に、安心して暮らしていただくためには、どんなプランがいいだろうか、どのようなお住まいを望まれるだろうか、どんな問題を抱えてらっしゃるだろうかと、お客様以上に情熱を持って考え、ご提案をしているのです。

心を揺さぶるプロである一条工務店の営業社員は、家を軸に感動を提供するエンターテイナーと言えるかもしれません。
もし、私があなたと面接などでお会いする機会があれば、あなたの持つ“心を動かすコミュニケーション”をぜひ見せていただきたいと考えています。

足で稼ぐ営業ではありません

世の中には “足で稼ぐ”という表現がありますが、私は、これからの時代は、そうした、ひたすら頑張る営業手法だけでなく、頭脳プレイといったものが必要だと考えています。ただがむしゃらに頑張るのではなく、どのように頑張れば結果を出せるかを考えて行動する人が成功するのではないかと思うのです。

目標達成までのシナリオの節目に中間のチェックポイントを置きます。そして、そこまではスピードを持って徹底的に努力し、途中で当初計画からの変化や達成度を振り返り、必要ならシナリオを再構築する。
『確実にやる、必ず成功するんだ』という強い意志で、しかも最短距離を駆け抜ける戦い方、これが、私が求める頭脳プレイです。そうした頭脳プレイのできる人は、当然実績も上がり、収入も上がります。

目指せ、1,000万円プレイヤー
 

一条工務店には1,000万円プレイヤーが数多くいますが、要するに、やればやっただけの評価と収入が得られる、実力主義の世界なのです。

もちろん、誰にでもできる仕事ではありません。
家づくりというのは、家族の一大事業であり、お客様の情熱を超えるほどの熱い気持ち、お客様の心を動かす人間的魅力が必要な仕事なのです。

だからこそ、一歩ずつ確実に成功へ向かって行く者、イキイキと頑張る社員たちの人間的成長や達成感は、他の仕事とは比較にならないほど大きなものです。

もしみなさんが、こうした高いレベルで『成功』を目指す私たちと一緒に、このすばらしい家をお客様にご提案していく仕事に興味を持ったのなら、ぜひとも1,000万円プレイヤーを目指してほしいと思います。

高い目標は、仕事の質を高め、人間的魅力をも向上させます。
ぜひ一緒に頑張りましょう。

Map