採用情報

育成ポリシー・研修制度

一条工務店では、社会人として順調にスタートを切り、また早期からご活躍いただけるよう、下記の育成方針・キャリアビジョンで一条工務店の将来を担う人財の育成を行います。

育成ポリシー

やる気と個性を尊重し、一人ひとりの成長度合いに合った研修メニューやフォローアップを行うために、個人別にカルテを作成し、テーラーメイド型の研修体制を敷いています。

また、公的資格取得支援制度や資格取得報奨制度などにより、国家資格の取得を促進し、お客様から信頼される存在となれるよう、バックアップしています。こうした資格を取得することは、社員一人ひとりの専門性を高め、幅広い将来のキャリア選択につながります。

こうしたバックアップ体制も、すべては、「お客様の満足を通じた社会貢献」のため。仕事に対する高い満足感を醸成し、社員一人ひとりの「一条で働いてよかった」を実現することとが、私たちの最終目標です。

ステップアップ研修

育成方針

「企業理念「お客様よりお客様の家づくりに熱心であろう」に基づく思考や行動ができ、社外的にもプロと認められる人材を育成する。」

(表)ステップアップ研修

主な研修制度をご紹介します。

【内定者入社前支援研修】
ともに働く仲間との絆を深め、新社会人としてのスタートラインに立つための準備としての研修を行います。
【新入社員研修】
入社式終了後に行う全体研修から始まり、5月の正式配属や、業務開始後の定期的なフォローアップ研修など、仕事を実地で学びながら、住宅業界のプロフェッショナルとして活躍していけるよう、さまざまな研修が用意されています。
【指導員制度】
配属時に、必ず指導員を任命しています。一条工務店の先輩として、社会人の先輩として、時には厳しく、時には優しく、みなさんの社会人1年目をしっかりサポートします。
【2年目・3年目全体研修】
2年目の全体研修では、同期全員が集合し、1年間を振り返っての反省と2年目社員としての目標設定を意識した研修を行います。
3年目には、主任や展示場リーダーなどの役職を意識した研修を行います。

新入社員研修

入社後〜1年間の新入社員研修の概要をご紹介します。

一条工務店の新入社員研修の特長をご紹介します。

【新卒全体研修】

不安が払拭され、一条の理念を知る良い機会

営業課 林 紘平
平成26年入社

私は法学部卒で、入社するまで全く住宅の知識はありませんでした。当初は不安がありましたが、教育グループの方が、社会人としてのマナーや基本常識、一般的な住宅業界での常識、建築用語等を分かりやすく丁寧に教えてくれることもあり、すぐにその不安が払拭されました。また一条工務店の理念である「お客様よりお客様の家づくりに熱心であろう」に込められた想い、創業の背景を先輩社員のエピソードも交えながら、教わりました。それも言葉や資料だけでなく、体験施設で材料や技術を実際に目で見て、触れて学ぶことができ、その理念が現在の一条工務店の圧倒的な商品力、技術力に繋がっていることも改めて学ぶことができました。新卒全体研修終了後はそれぞれの現場に配属され、指導員となる先輩社員についていただき、実践を学んでいきますが、その後も、定期的にフォローアップの研修が用意されているので、自分の課題やこれからやるべきことが発見できるようになっていると思います。

熱意と誇りに触れ、会社の一員になった研修

設計課 岡 佐矢可
平成26年入社

新卒全体研修では会社における基本知識だけでなく、先輩社員の方々や教育グループの方から、直に一条工務店の家づくりにかける熱意を聞くことができました。その時に受けた感覚は配属された後も薄れることはなく、「常に最高の商品を提供し続ける」という一条工務店の誇りを体感させてくれた貴重なものだったと思います。その「熱意」と「誇り」という全社員の共通認識に触れることが、この会社の一員として働く責任感を自覚させてくれるのだと思います。中途半端な気持ちでは、こんなに良い家を提供し続けることはできないのですから。また、会社についての知識だけでなく、社会人としての「当たり前」とは何なのかという部分もしっかりと教えてくれます。マナーはもちろんのこと、「気付き」の大切さを感じる貴重な時期でした。何が自分に足りていないのか、それが明確に見えてくる研修です。私にとっては、新社会人としてのスタートを切るために、とても重要な研修となりました。

【個別カルテの運用】
新卒全体研修終了後、社員一人ひとり、受講した研修内容や、その習熟度、本人の振り返りなどをまとめた「個別カルテ」を作成します。この後の研修で、より専門的な知識や技術を習得していく中で、一人ひとりの個性や能力、習熟度に合わせて最適化された指導を行うための参考資料となります。
【WEBミーティング】
5月の業務開始後は、全国各地の展示場、営業所に配属になるため、同期が顔を合せる機会は少なくなってしまいます。そこで、月1回、近いエリアでのチーム別WEBミーティングを行ったり、配属数ヶ月後には、地域ブロックごとに集合し、全国のブロックをWEB会議システムでつないだ全体ミーティングを行い、同期同士のコミュニケーションや情報共有を行い、仕事をヒントや刺激を得る場として活用しています。

自己啓発・能力開発に関わる制度、仕組み

一条工務店では、社員の能力開発、仕事に前向きに取り組む環境整備のために、様々な取り組みを行っています。社員は、自分のスキルアップ、キャリアアップの目標に沿って、自発的にプログラムに取り組み、成長へとつながっています。

その一部をご紹介します。

【公的資格取得支援制度】
住宅業界のプロとして、取得を奨励する資格試験にチャレンジする社員を対象として、さまざまな教材や、勉強のための機会を用意しています。例えば住宅業界で働く者としては必須の「宅地建物取引士」資格取得は、全員取得を奨励し、2泊3日の合宿を行ったり、e-ラーニングによる学習環境も整備しています。
【資格取得報奨制度】
建築士・建築施工管理技士・宅地建物取引士・インテリアコーディネーター・ファイナンシャル・プランニング技能士(2級)など、業務に必要な資格を取得した際に報奨金、報奨休暇が支給されます。向上心の高い社員を応援する風土と、その成果に報いる制度も整備しています。
【女性営業社員対象研修】
かつては男性の方が多かった住宅業界ですが、近年は女性社員の活躍の機会も増えています。そうした環境の変化に対応し、女性社員のよりいっそうの活躍のために、女性営業社員を対象とした研修を行っています。
【ダイバーシティ(女性の働きやすい会社づくりのための)ミーティング】
さまざまな「違い」を積極的に活かすことにより、変化しつづけるビジネス環境や多様化する顧客ニーズに対応していくことを目的に、多様な人材が働きやすい会社づくりにするための話し合いの場も設けています。