社員を知る

社員インタビュー

お客様の「ありがとう」という言葉は、現場スタッフ全員の努力の賜物。千種 佑佳子 YUKAKO CHIGUSA(平成22年入社 豊橋営業所 工事課)

「家が建つ途中の段階に興味を持ったんです」。設計職ではなく、現場を志望した千種が感じた、工事監督としての仕事のやりがい。100%できて当然だからこそ難しい建築現場で、「お客様の笑顔がすべて」という彼女の思いを聞いてみた。

現場は貴重な経験の場。工事監督は、ここで育つ。

大学では建築学科を専攻。仕事をするなら設計士、と思って就職活動を始めました。就職活動をする中で、偶然出会ったのが一条工務店のパンフレットにある建築現場の写真。完成した建物を見る機会は何度もありましたが、家が建つ過程に興味を持ったのはあれがはじめてでした。その後、説明会で先輩方から話を聞く中で、現場を仕切る工事監督という仕事にぐんぐん惹かれていったのです。
工事監督の仕事は、土台などの基礎工事を受け持つ前工程と、上棟から完成までを担当する中・仕上げ工程の二つにわかれますが、私は中・仕上げ工程担当として、工程管理と品質管理を行なっています。工程管理とは、業者さんの手配や材料の搬入など、工事に関わる一切の段取りを組み、スケジュール通りに進むよう管理をしていくこと。家1軒を完成させるために、20社を超える業者さんが入りますので、一口に段取りと言っても複雑。スムーズに仕事を進めてもらうよう、駐車場の手配から、期日どおりの材料搬入まで、すべてを準備します。
一方の品質管理とは、各工程において、一条工務店の建築基準を満たした工事が行なわれているかを確認する作業です。家は、構造材だけが建った骨組みから、断熱材や金物などを取り付けたり、壁がついたりと、完成に近づくにつれて隠れていくものもありますので、工程ごとに細かくチェックしていく必要があります。もちろんマニュアルもありますが、先輩からは、「自らの知識と経験をいかに現場で積み上げていくかが大切」と言われています。マニュアル頼みでなく、現場で経験を積み、目と勘を養っていくことが大事と言い聞かせ、毎日、現場へ向かっています。

「お客様の当然」を実現する、その難しさを実感。

プランも決まり、図面も完成すると、お客様は「家は図面どおりに建つのが当然」と思っていらっしゃいます。私も、最初はそう思っていましたが、実際、工事監督として経験を通して、この「当然」をあたりまえのようにつくり出すことの難しさを実感しています。一条工務店の家は、1軒1軒がすべてオーダーメイド。ひとつとして同じ家はありません。土地の広さや環境も違えば、工事をする職人さんも様々ですから、そうした異なる条件をすべてコントロールして、お客様が思う「当然」を作り出すためには、文字通り、「工事を監督する」私たちの力量が問われるわけです。
例えば、一条工務店の現場歴の長いベテラン大工さんと新規に入ってもらった大工さんとでは、仮に大工歴は同じでも、一条の大工工事のレベルに大きな差を生みかねません。ベテラン大工さんであれば、図面を一目見ただけでわかることも、新規の方には詳細に説明をしなければ、自分の経験に即した間違ったやり方で済ませてしまうことにもなりかねないのです。
実際、私が担当している現場で、品質チェックの際にやり直しが見つかったことがありました。そんなことは初めてだったので、担当設計士にも一緒にチェックしてもらった結果、他にも再工事の必要な箇所を発見。実はこの現場の大工さんは、まだ一条工務店の家づくりの経験が浅い方だったことから、やり方の違いがあったのです。私が担当してきた今までの現場が何事もなく順調に進んでいたのは、ベテラン大工さんのおかげだったことに気づかされ、自分の未熟さ、そして経験を積むことの大切さを思い知りました。
それ以来、意識が変わりました。「お客様の当然」をつくり出すためには、職人さんや業者さんたちだけでなく、自分自身の働きこそが大事、それを怠っては、一条工務店の品質を守ることはできないのだと学びました。具体的には、業者さんへの連絡や働きかけは、常にこちらからするように心掛けるなど、自分から積極的に動くことで、ミスが起きる前に気付き、対処することができるようになりました。
ちなみに、先ほどのやり直し工事が発生した現場は、その後、お客様への事情説明や再工事のお願いなど対応に追われましたが、先輩のフォローと職人さんたちの頑張りで無事完了。お引き渡し後に実施している「顧客満足度調査」では、最高評価の「5」をいただき、お客様も「ありがとう」と笑顔で言ってくださいました。やり直しはあったけれど、「お客様の当然」を皆で実現できたこと、また、自分自身の工事監督としての「目」を養うことの出来た現場として、忘れられないものとなりました。

周りの期待に、一つ上のレベルで応えたい。

大工さんが納期より早く仕上げてくれたり、依頼していた内容に加え、ちょっとした工夫が施してあったり・・・そんな時、私はとっても嬉しくなります。思わず笑顔になります。だから私も、お客様の希望には、少しでも上のレベルで応えたいと思っています。
例えば、工事監督の仕事にアフターメンテナンスの対応があります。お引き渡し後に定期的にお伺いし、調子が悪い箇所などを点検したり、修正工事を手配したりする仕事ですが、以前、あるお宅にメンテナンスでお伺いした時、ちょっとした調整作業が必要な箇所がありました。通常なら、業者さんを手配して工事日程を決めればいいのですが、お客様にご予定を伺うと、しばらくお忙しいとのこと。そこで、難しい作業ではなかったので、その日のうちに自分で直しました。お客様も「もう直してくれたの?」と喜んでいただき、お礼に缶コーヒーまでいただきました。予定外の作業で時間はかかってしまいましたが、暗くなった道中に飲んだ一杯は、本当に美味しかったですね。
こうやって、お客様が望まれていることの一つ上のレベルで応えていくことが、今の私にとって大きなやりがいになっています。でも、そのためにはまだまだ自分自身のレベルアップが必要。一つとして同じ条件がない現場を通して、知識や経験を積み重ねているところです。どんな条件でも、どんなトラブルが起こっても、お客様から、職人さんから、社員から「千種がいれば大丈夫」と思ってもらえるような工事監督になる、そして、もっともっとたくさんお客様の「ありがとう」の言葉と笑顔と出会いたい。それが、私の目標です。

一条工務店は、自らが「これをやりたい」と望み、本気になって取り組めば、その想いが必ず叶う場所だと思います。今の私は、まだまだ目の前のことにひとつひとつ取り組んでいる最中で、まだ具体的なテーマは決まっていませんが、この日々の中で、きっと次のチャレンジは見えてくるはず。そのときは、迷わず挑戦していきたいと思います。一条工務店は、「私がやりたいと思うこと」を実現できる場所です。