社員を知る

社員インタビュー

一度きりの成果では意味がない。大切なのは「続ける」こと。全力でお客様と向き合うことを、自分自身に厳しく。稲垣 利昌 TOSHIMASA INAGAKI(平成19年入社 静岡東部営業所 営業課)

稲垣は全国でもトップクラスの受注を誇る展示場の主力の一人だ。時にストイックなまでにお客様のご要望に応える彼の仕事への姿勢と、これからの課題について聞いてみた。

「一条工務店で家を建てたい」と思わせるほどの説得力があった。

大学では建築学科で設計を学びました。でも、黙々と設計をする作業よりも、プランを考えていた時にひらめいたアイデアについて話す方が好きな性分でした。だから、就職活動では住宅営業を志望。いくつかのハウスメーカーから内定をいただきましたが、選んだのは一条工務店でした。なぜなら、設計を学んできた私も「一条工務店で家を建てたい」と思えるほど、商品に説得力があったから。免震や高断熱性など、性能それぞれの理由や背景に私も納得できましたし、それをお客様に伝えることができる一条工務店の住宅営業なら、大きなやりがいも得られるはずだと考えたのです。実際、この選択は正しかったと確信できました。というのも、入社から数年後には、職業は大工さんという建築の専門家のお客様とも契約ができたのです。プロの目に適う一条工務店の家に、あらためて誇りを感じることができました。

その一方で、家づくりのシビアな部分も痛感しました。そのお客様は契約後のプラン作りにおいても、普通のお客様が気にされないような寸法や仕上がりについても非常に細かい要望があり、私の知識不足を指摘されること度々。「一生の中でも最大の買い物」というお客様の家づくりに、最初は応えることができなかったのです。それでも、私は目の前の課題に逃げ出さず、ご質問一つひとつに対して、自分なりに調べ、時には先輩にアドバイスも受けながら、答えていきました。その結果、引き渡し時にお客様から「いい家をありがとう」と感謝されたのです。

確かな性能と商品力があることは、住宅営業にとって心強い武器です。しかし、お客様のご要望に正面から向き合い、応え続ける営業社員の努力があって、はじめて満足をご提供できます。入社以来、たくさんの「家づくりに本気」のお客様と出会い、私も本気でお客様の家づくりに取り組んできました。その経験は、私の大きな財産になっています。

結果を出し続けるために、自分にはいつも厳しく。

現在全国トップクラスの受注を誇る展示場で、私も売上に少なからず貢献していますが、先輩からよく言われていたことが、「結果は一度出しただけはダメ。続けることが大切」という言葉です。入社2年目以降の私は、成績にムラがあったように思います。いい年もあれば、悪い年もある、それが普通だと思っていました。でも、先輩はいつも私より成績が上で、しかも安定していて…。

私の成績が悪い時は、お客様よりも自分の都合を優先していたように思います。無意識ですが、契約まで至らないと思ったお客様へのご案内には、気持ちが入っていなかったかもしれません。でも、結果を出せている時は、どんなお客様に対してもご要望を丁寧にお聞きし、現場案内のイベント時やご提案時などでも、しっかりと準備して、自分の考えをお客様にお伝えすることができていました。「契約までにできることは、すべてやりきった」と言えるほどの努力ができていたのです。

そんな振り返り以来、「全力でお客様と向き合うこと」を厳しく自分に課すことで、仕事への姿勢が変わり、成績も安定しました。接客時はもちろん、電話応対一つからお客様のことを考え、努力することが結果につながることを理解できたのです。展示場が結果を出し続けているのも、「やりきった」と言えるほど社員一人ひとりが努力しているからに他なりません。その一員としてこれからも貢献していきたいと思います。

「気づき」の機会を増やして、後輩の成長をサポートしたい。

展示場ではちょうど真ん中の立場ですので、チーム力を底上げするための後輩の育成も私の役割。これまでの私の営業経験や先輩のアドバイスを伝えようと努力していますが、まだまだ思うように後輩の成績を上げることができず、さまざまな方法を試しているところです。

今思えば、お客様に対する先輩の行動や言動から営業スキルを学んできました。だから、私も先輩のように、日々の仕事への取り組み方、考え方などを後輩に見せることで、後輩の「気づき」になる機会も設けていきたいですね。たとえ口ではうまく伝えられないことでも、私とお客様との打ち合わせに同席したり、日々の仕事への姿勢を見せる中で、何かヒントを感じてもらえれば…。たとえば、展示場では週に一度、住宅のプロとして必ず身につけておきたい建築知識・技術を確認するテストを行っていますが、先日から私が回答の解説役を任されています。解説役ですから、当然教えられるほどの知識が必要ですよね。そのための勉強も毎日行っていますが、そういった姿勢一つからも、「社内の仕事でも常に全力で」というメッセージを感じて欲しいと考えています。後輩が成長し、住宅営業として成績を上げることは、自分のこと以上に大変だと実感しています。でも、これを乗り越えた時、また一つ私も大きく成長できるはずです。

人物相関図

後輩には指導を、上司には成績を。それが私の立場です。私が成果を伸ばすことで、店長にもいい刺激になれば…なんて生意気に考えています(笑)。同期はもちろん、他エリアや他部署の社員とも知り合う機会が多く、プライベートでは社員同士でいろんなところへ遊びに行っています。

OFF TIME PHOTO