社員を知る

社員インタビュー

お客様の夢をカタチにする家づくりの総仕上げ。この責任感と現場での手応えを将来に活かしたい。中島 心大 SHINTA NAKAJIMA(平成22年入社 岐阜営業所 工事課)

工事監督として常時6〜7件の現場を抱える中島。一つとして同じものはない現場で、様々な経験を糧として仕事に取り組む今、工事監督という仕事への思いを聞いてみた。

お客様の笑顔のために、私も笑顔で働ける場所。

大学で学んだ設計の知識・技術を活かすために、就職活動では建築業界に絞って企業を選んでいました。特に悩んだのが、ゼネコンか、ハウスメーカーかの選択でした。橋やビルといった多くの人が利用する、公共性の高い建築物を手掛けるゼネコンにも魅力的でしたが、それ以上に私が惹きつけられたのは、建物を実際に使うお客様と直接やりとりができるハウスメーカーの仕事。その興味を持つきっかけになったのが一条工務店の説明会でした。なかでも現場で働く先輩社員が言われた「お客様からいただく感謝の言葉と笑顔が最高のご褒美」という一言に惹かれたのです。また、一対一で話せた先輩社員の皆さんは、他社の説明会にはない本音と飾らない言葉で会社の強みを説明する姿勢が印象的で、私も自然と自分の素を出すことができました。お客様の笑顔のために、私も笑顔で働ける場所、それが一条工務店だと確信できたのです。
入社後、配属は工事課になりました。建築学科卒ということもあり、設計職に憧れていましたが、工事監督として現場に入り、建物の構造や家が建つ工程を肌で直接感じられることは大きな経験になっています。すぐに設計職に就いていれば得られなかったこの経験は、必ず将来に活かされると確信しています。

工事監督の役割は、お客様の家づくりをゴールへ導くこと。

工事監督には基礎工事の前工程と、上棟以降を担う中・仕上げ工程がありますが、私の担当は中・仕上げ工程です。自ら作成した工程表通りに工事が進んでいるかを確認する工程管理、一条工務店の基準以上の工事・仕上がりになっているかを確認する品質管理などがありますが、6〜7件を同時に担当しています。大工さんや業者さんの手配、工事の進捗状況、建材の搬入といった確認作業をはじめ、お客様への工事の状況報告など、調整事項やスケジューリングをいかに円滑に進めるかがこの仕事のポイントですが、「営業から設計、そして工事へと受け渡してきたバトンを最後にゴールまで運ぶのが工事監督だ」という先輩の言葉をいつも心に留めています。
天候などで工程通りに進まない場合もあります。ただ、何かが起きた時に、できるだけ早いタイミングで発見し、再び工程を予定通りの仕上げに向かわせるのが工事監督の仕事。お客様が営業や設計と一緒に進めてきた家づくりをカタチにする、その総仕上げの役割を担っているからこそ、私は工事監督として現場で存在感を発揮することを大切にしています。品質を守るためには、たとえ年配の大工さんや業者さんでも、間違っていたり、一条のルールから外れていたりすれば、厳しく注意することも。それが一人の工事監督として大工さんや業者さんから認められることにつながると思います。そんなやり取りをする中で生まれた信頼関係から、「中島さんの頼みだったら…」と、業者の皆さんが頑張ってくださる時は、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。

まず相手の話を聞く、それが意思疎通の第一歩。

ただ、1年目は大工さんとのコミュニケーションが一番大変でした。今から思えば、「これをして欲しい」「あれをして欲しい」という自分からの依頼やお願いばかりで、相手の立場になって物事を考えることの大切さに気づいていなかったのです。こちらから丁寧にお願いしているのに、大工さんや業者さんはなかなか頼みを聞いてくれないのは、なぜだろう?…と理解に苦しみました。考えた末に先輩に相談すると、「お前、相手の話を聞いているのか?」と指摘され、自分の話ばかりしていたことに、はっと気づかされました。以来、機会があれば、現場では仕事からプライベートのことまで、大工さんや業者さんの話の聞き役に回っています。気難しい人が多そうな職人の皆さんも、話せばとてもフランクで実直な方ばかり。ベテランの大工さんからは豊富な現場体験も聞かせていただいています。
職人気質の大工さんや業者さんと一緒に、工事監督として一条の家づくりに関わることが面白く、また、家が完成した後も本当に嬉しそうに「ありがとう」とおっしゃっていただけるお客様の身近な場所で仕事ができることに、大きなやりがいを感じています。今だから経験できるこの現場の手応えを活かし、設計の仕事にチャレンジすることが次の目標です。

人物相関図

経験豊富で、頼れる先輩が多い部署です。ただ、工事課のメンバーは現場主義だけに、書類作成などのデスクワークは苦手かも(笑)。管理表などに抜けがあると、たとえリーダーであっても「先輩、ダメです!!」と私から注意することも。