社員を知る

社員インタビュー

お客様が何を望んでいるのか?私に何ができるのか?身につけた「常に考える姿勢」でもっと多くの人に理想の住まいを。奈良岡 佑亮 YUSUKE NARAOKA(平成26年入社 八戸営業所 営業課)

厳しい冬が長く続く東北エリアだからこそ「一条工務店の家が選ばれる」と話す奈良岡。住宅営業のやりがいをはじめ、後輩への育成担当を通しての気づきなどを語ってくれた。

この家づくりは間違いなく時代のニーズにマッチしている。

お客様によく驚かれるのですが、私は理工学部の出身。大学では遺伝子に関わる研究にたずさわっていました。そんな私が住宅営業をやりたいと思ったのは二つの理由があります。ひとつはアルバイトをしていた飲食店での接客が面白く、お客様と話をして商品を売り込む営業職に魅力を感じたため。もうひとつは大学在学中に発生した東日本大震災です。故郷の青森の実家も春先の寒い時期に停電になるなど被害に遭いました。住む人の命を守る、家本来の役割に気づかされたことも大きな理由です。

ハウスメーカー各社の説明会に参加する中、「お客様よりお客様の家づくりに熱心であろう」の理念のもと、家の性能を妥協なく磨き続けている一条工務店に惹かれました。実際、少子高齢化による人口減少にともない、各社販売実績が年々横ばいや減少傾向にある中、右肩上がりで実績を伸ばしているのは一条工務店だけです。会社の方向性すべてがお客様の幸せを第一に考えており、時代のニーズにマッチしていると感じました。自分の努力次第で、震災にも負けない確かな性能がある家をたくさんの人に住んでもらえること、そして業界のトップを目指すような会社の一員として、モチベーション高く仕事に取り組めること。それがきっとやりがいにつながると思い、一条工務店への入社を決めました。

常に考え、行動するスタンスを後輩にも伝えたい。

入社2年目に、二世帯住宅を建てたいというお客様を担当させていただきました。ご夫婦とご両親、車イスでの生活をされているご夫婦の弟さんも一緒にお住まいになるということで、ご要望をしっかりとヒアリング。玄関の動線や水回りのスペースの確保、トイレの使い勝手など、どうすればご家族が快適に過ごせるかを考え、設計とも相談しながらご提案した結果、ご契約をいただくことができました。無事工事も完了し、お引き渡しが終わった時は、他社ではあまりいい提案をもらえなかったというご夫婦も、「奈良岡さんが親身に聞いてくれたおかげで、いい家になりました」とおっしゃってくださり、先日のお引き渡し2ヶ月後の訪問では、家族みなさんの笑顔に出会うことができました。お客様が何を望んでいらっしゃるのか、そして自分に何ができるのか。入社後、お客様との家づくりを通して、常に考えるスタンスが身についたように思います。考えるからこそ、わからないことを先輩に聞いたり、設計に相談したりといった行動につながり、お客様へもスピーディにご提案できます。とてもいいサイクルですよね。

こういったスタンスは、入社以来、営業を一から教えてくださった育成担当の先輩の指導のおかげです。今は入社3年目になり、私が育成担当として後輩を指導する立場に。教えていただいたこと、経験してきたことを後輩に伝えているつもりなのですが…なかなかうまくいきません(笑)。私は1年目から、教えていただいたことをまずはそのままやってみました。よければ採用、ダメなら改善。それを繰り返して今の営業ノウハウを身につけました。1年目や2年目はわからないことがあって当たり前。先輩に聞くことが仕事だと思っていたくらいです。そんな積極性を後輩も身につけて欲しいですね。逆に指導しながら、自分の課題にもたくさん気づくことができました。これからも後輩たちへの指導に力を入れることで、また違った角度から自己成長していきたいと思います。

冬の寒さが厳しいエリアだから、もっと多くの人に「一条の家」を。

入社後、エリアマネージャーから「常に短期・中期・長期の目標を持ちなさい」というアドバイスをいただきました。「どんな優秀な営業でも、いい時期もあれば苦戦する時期もある。その時々の成果でモチベーションやパフォーマンスが下がらないようにするために、明確な目標を持ち続けなさい」。その言葉を心に留め、短期目標は年間10棟のご契約をいただける社員になること、中期目標は自分の成績だけではなくチーム(展示場)全体のことを考えられる店長になること、そして長期目標はエリアマネージャーになることを今は掲げています。店長やエリアマネージャーになれば、チームや営業所の社員を通して、より多くのお客様の家づくりに貢献できます。志望理由の一つだった、もっとたくさんの人に一条工務店の家へ住んでもらいたいという思いも実現できるはずです。

青森をはじめ、東北や北海道は冬が長く、年間の半分は暖房をつけて過ごすようなエリアです。そんな暮らしに欠かせない暖房費(光熱費)を、一条工務店の家なら圧倒的な超気密・超断熱性能を活かして大きく削減できます。目先のお金のことを考えると高いと感じるものでも、人生全体を通して考えるとトータルで安くなる「ライフタイムコスト」とよばれる視点でのご提案が、特にここでは重要だと感じています。さらに全館床暖房を通じて、住まう人の「健康」にも優しい住宅をご提供できることも私たちの強み。一条工務店が東北・北海道エリアのほぼすべてで県別シェアトップ3に入っているのは、その家づくりと性能がお客様に認められている証です。このエリアでもっと多くの人に一条工務店の家に住んでいただき、ずっと快適に暮らしていただく。それも私の目標です。

人物相関図

私の営業の師匠である統括店長をはじめ、時間を割いてまで私の質問に答えてくださる先輩方にはいつも感謝しています。後輩は二人。そのうちの一人を私は教育担当として指導中。何でも率先してやってくれる仕事熱心な後輩なので、少しでも早く初契約できるようサポートしていきたいですね。

OFF TIME PHOTO