社員を知る

社員インタビュー

営業所すべての基礎工事を手掛ける経験を活かし、一条品質をより確かなものにしていきたい。田村 潤 JUN TAMURA(平成19年入社 千葉中部営業所 工事課)

ベテラン工事監督が担当する前工程を、入社2年目から担当。営業所すべての基礎工事を仕切ってきた田村に、工事監督の仕事や魅力について聞いてみた。

工事監督がいないと家は建たない、一条工務店は成り立たない。

小さい頃からモノづくりが大好きでした。電子工学のような“見えない”ものではなく、手触りを感じられる“見える”ものを手掛けたいという思いもあり、大学では建築学を専攻。就職活動もお客様と直にふれあえるハウスメーカーに絞って取り組みました。その中で一条工務店の社員とは会社説明会でも飾らない自分で話をすることができました。営業、設計、工事監督など、様々な職種の先輩社員の皆さんが、同じような熱意を持って家づくりの魅力を語る様子は今でもよく覚えています。皆さんのおかげで、「お客様のために」という熱い思いを持って一条工務店で働いている未来の私の姿をイメージできたことが、入社の決め手になりました。

入社後、配属は工事課となりました。その配属初日、直属の上司が私に最初に伝えたのは「工事監督がいないと家は建たないし、一条工務店は成り立たない。それだけ大切なポジションなんだ」という言葉。営業や設計が努力して築き上げてきたお客様からの信頼を、決して裏切ることなく、仕事をやり遂げて欲しい…そんな上司の思いから、工事監督の役割と責任をあらためて知ることができました。それが、現在もお客様のために、そして営業所の仲間のために全力を尽くす、私の仕事のポリシーになっています。

お客様が出会う最初の工事監督が前工程担当。

工事監督は基礎工事を担当する前工程と、上棟以降を担う中・仕上げ工程のどちらかを担当しますが、私は前工程の担当です。敷地調査からはじまり、建て替えの場合は解体の段取りも手配。更地にした後、基礎をつくり、柱を立てる、まさにお客様の家の土台づくりを担うのが前工程です。中・仕上げ工程と違い、基礎工事などで一度コンクリートを流し込んでしまうと、やり直しに大幅な手間とコストが掛かってしまうため、常に細心の注意が必要です。図面通りになっているか、設計上問題がないか、またスケジュールに遅れやズレが生じていないか、品質管理と工程管理を徹底して仕事に取り組んでいます。また、1軒あたりの作業は約1ヶ月と中・仕上げ工程より短いのですが、お客様にとっては、一条工務店ではじめて出会う工事監督が前工程担当です。こまめにお客様へ進捗状況を報告するほか、現場周辺にお住まいの方々への挨拶回りなどを行い、スムーズに工事が進むように、また建てた後、お客様が少しでも住みやすい環境になるよう配慮することも、前工程の役割だと考えています。基礎工事は何もなかった更地から、目に見えてモノが出来上がっていくので、お客様も興味を持ってご覧になられます。「ここがキッチンになるんですよ」と基礎を見ながらプランを話してくださるお客様の笑顔のそばで仕事ができることが何より嬉しく、「お客様のために」という入社前に聞いた通りの思いを実感しながら、仕事に取り組めています。

前工程の工事監督は一条工務店の中でも数が少なく、一つの営業所に1〜2人ほど。私も所属する営業所すべての家づくりに携わっており、大げさではなく、私がいないと現場は回りません。それほど重要なポジションは、通常、ベテラン工事監督が担当しますが、私は2年目から前工程を任されています。今では多い時で同時に10棟以上の基礎現場を手掛けており、それが仕事への自信になっています。

現場のマネジメントに、“小さなプライド”はいらない。

私の場合、同時に10数棟を担当することもありますので、ミスやトラブルが起こらないように段取りをしていく必要があります。そのために欠かせないのが大工さんや業者さんとの信頼関係。大工さんとのコミュニケーションで悩む工事監督の後輩が相談に来ることもありますが、私は「自分は発注者という意識で話をしていないか?」といつも言います。確かに私たちは発注側で、大工さんや業者さんは受注者の関係ですが、上と下ではなく、あくまで関係は対等です。コミュニケーションがうまくいかない時、言葉のどこかに「仕事を出してるんだから、やってもらって当然」という発注者側の小さなプライドが垣間見えてしまい、大工さんや業者さんは、微妙にそこを感じ取っているのです。お願いしたいなら、お願いするだけの信頼が必要で、たとえば約束を必ず守る、連絡をこまめに取る、困った時に話を聞くといった大工さんや業者さんとの日常的な業務を一つひとつ丁寧に行うことが、スムーズに工事を進める近道だということを私は数多くの現場で実感してきました。私が経験してきたことを伝え、社員一人ひとりの現場での対応力を底上げしていくことも、私の目標の一つになっています。

先輩や後輩から、数多くの大工さん業者さん、そしてお客様まで、工事監督は一条工務店の中でもっとも多くの人と接する仕事です。工事課や現場で培ったマネジメント力を活かし、将来的には工事責任者やエリアマネージャーといったマネジメント職を目指したいと思います。そして、お客様はもちろん、周辺住民や地域にも愛される、そんな一条工務店の現場をつくり出し、一条品質をさらに高みに引き上げることが私の目標です。

人物相関図

プラス思考の私はチーム内では盛り上げ役。後輩を指導したり、先輩や工事長をサポートしたりと、20代後半の私ですが、役割はまさに中間管理職です。営業所で手掛ける家すべての前工程を担当しているので、営業や設計の社員ともよく一緒に仕事をしています。