社員を知る

社員インタビュー

理想も現実もしっかり見据え、誠心誠意でお客様の思いに応える。お客様や先輩が気づかせてくれた、住宅営業の本当の役割。田ノ上 夏臣 NATSUOMI TANOUE(平成25年入社 埼玉南部営業所 営業課)

多くのお客様との出会いや家づくりを経験し、夢を叶えられる仕事に大きなやりがいを感じている田ノ上。心に残るお客様とのエピソードを通して気づいた、住宅営業の役割や魅力を語ってもらった。

一生涯と言えるほど深く、長いお付き合いができる。

就活を通して、自分がどんな業界や職種に向いているかを見つけていきたいと思い、銀行やメーカー、住宅関係ではハウスメーカーをはじめ、賃貸や不動産の仲介業から分譲マンションの営業職までさまざまな会社の説明会に参加。その一つが一条工務店でした。事前に採用サイトをさっと見ただけで説明会に参加したのですが、それはもう衝撃的。ちょうど私が参加した説明会では、一条工務店でトップクラスの成績を上げている営業社員から、1年目から活躍し新人賞を獲得できたこと、自分の成果がしっかりと評価・報酬につながっていること、そしてお客様と深く関わるやりがいなど、住宅営業のリアルなお話を聞く機会がありました。どの話題も私のモチベーションを上げてくれるものばかり。「この仕事はすごい…」のひと言に尽きました。

その後、別の営業社員と一対一でお話しできる機会もありました。当時、私はある不動産仲介会社から内定をもらっていて、一条工務店とどちらかを就職先で考えていたのですが、そのことを包み隠さず話すと、「田ノ上君はどんなことをしたい?」と聞かれて。「仲介業の役割は、不動産を売り手から買い手へ流すこと。どんな人が、どんな思いで、何を建てるかまで考えることは少ない。でも、一条工務店なら家を建てる前はもちろん、建ててからもお客様と一生涯と言えるほど深く、長いお付き合いができる。田ノ上君が何をしたいのか、その基準でどちらかを選べばいいんじゃないかな?」。実力次第で若手でも活躍できる環境はもちろん、この先輩の言葉から、私は一条工務店の住宅営業として頑張りたいという気持ちが固まりました。

誠心誠意の姿勢。お客様はそこで選んでくれる。

お客様とのお付き合いの深さ。それは家づくりへの夢を一緒に叶えるために、お客様と商談やお打ち合わせを重ね、信頼関係を少しずつ育むからこそ感じられることです。とても印象に残っているお客様がおられます。一条工務店の家づくりは、ご契約後の2〜3ヶ月は間取りや設備、仕様、インテリアなどを決める打ち合わせ期間、その後4〜5ヶ月の工事期間を経て、ご契約から約1年でお引き渡しというのが一般的なのですが、その方は家に強いこだわりをお持ちで、お打ち合わせだけでも1年。間取りからデザイン、設備仕様の選定まで何度も打ち合わせを行いました。工事着工後も毎日大工さんや工事担当から「今日も現場を見に来られているよ」と連絡が入るほど。お会いする度に家が建つのが楽しみで仕方ないことが表情からもうかがえたのです。

そして、ついにお引き渡しのセレモニー。「完璧だ!」とお客様はとびきりの笑顔をくださいました。私はその方との商談時、「当社は値引きすることはできません。でも、お客様の家づくりへの思いに誠心誠意で応えます」とお伝えしていました。そんなお客様がセレモニー後、「契約するなら値引きしますよ、という会社もあった。でも、目の前のお金じゃなくて、私の家づくりへの思いの強さで田ノ上君にお願いして本当によかった。感謝している。」というお言葉をくださり、思わず涙がこぼれました。人生でここまで感謝されたことはありません。ここまで感動したこともなかったかもしれません。こういったお引き渡し時は、いつもお客様から私も幸せをいただけます。一条工務店の住宅営業になって本当によかったと思う瞬間です。

理想の家に住み続けていただくために住宅営業がいる。

これまで年齢もバックグラウンドもさまざまな、たくさんのお客様とお会いしてきましたが、入社1年目にいただいた先輩からのアドバイスはいつも心に留めています。「住宅営業は夢を叶える仕事だけど、現実も見てあげないといけない」。1年目、私はなかなか初契約をいただくことができず、焦りを感じていました。一条工務店の家を好きになってくださり、あと少しでご契約をいただけそうなお客様がおられたのですが、先輩は「焦るんじゃない。融資のことは検討したか?建てた後の暮らしは?きちんとご理解してもらってから契約に進もう」と。念願の初契約だと気持ちが先走っていた私でしたが、お客様からすれば、一生住む家。私の焦りでお客様の人生を台無しにはできません。もう一度あらためてお客様と打ち合わせを行い、家を建てた後の暮らしやお子様の成長、住宅ローンなど、未来についてじっくりと話し合い、納得の上でご契約をいただくことができました。
一条工務店の住宅営業の役割は、家を建てるだけではありません。理想の家に住み続けていただくために、私たち住宅営業がいます。入社前、お客様の夢を叶える仕事であることを頭で理解はしていましたが、先輩の言葉はその本当の意味を気づかせてくれました。これからもさまざまなお客様との出会いがあると思いますが、どのお客様にも満足して一条工務店の家に住み続けていただきたい。それを数字以上に大切にしていきたいと思います。

人物相関図

経験豊富な先輩はもちろん、私を追い越そうと頑張っている後輩たちにも囲まれ、毎日いい意味での刺激を受けています。まだまだ後輩たちに負けるつもりはありませんよ。営業リーダーの先輩は、まもなく一条工務店で建てた新居が完成予定。すごく楽しみにしている様子を見て、私も一条工務店で家を建てたくなりました!

OFF TIME PHOTO