仕事を知る

住まいのシゴト

住宅営業

お客様と全力で向き合うから得られる、
目の前の笑顔と、一生の絆という財産。

展示場へ来場されたお客様への接客からはじまる住宅営業のシゴト。地盤調査、プラン作成、資金計画といった契約までのプロセスはもちろん、契約後の最終プラン作成から上棟、お引渡し、さらにはアフターフォローまで、お客様の夢を叶え、豊かな暮らしを実現するためのすべての場面で、住宅営業はアドバイザー兼サポート役を担います。

多くのお客様にとって、家は一生に一度の買い物です。だからこそ住宅営業は、「お客様よりお客様の家づくりに熱心であろう」という一条工務店の理念と、「家は、性能」をコンセプトに培ってきた業界屈指の技術力と製品力で、お客様の想いに素直に、誠実に、真剣に応え、信頼を得ることが成果につながります。売上金額の大小ではなく、販売棟数で営業評価しているのも、お客様の夢一つひとつと全力で向き合って欲しいから。時に熱く語り合い、ともに喜びの涙を流す。家づくりを通して生まれたお客様との絆は、一生の財産になるはずです。

設計

お客様に直接お会いして、じっくりと語り合う。
設計の本質は、図面を描くことではない。

お客様の頭の中にあるマイホームの理想のカタチを、具体的なビジョンに落とし込む設計のシゴト。その本質は、図面作成などの作業をこなすことではなく、コミュニケーション能力を活かしてお客様とじっくりと語り合い、隠れたニーズを引き出すことにあります。大切なのは、お客様に最良の住まいと暮らしを提供したいという気持ち。図面のCAD化やパース図の作成といった作業はサポート部門が担うため、目の前のお客様の“夢のカタチづくり”に集中できる環境が整っています。

設計は契約前からプラン作成に関わり、契約後はベストなプランができるまで、何度も打ち合わせを重ねます。だからこそ、お引渡し当日、夢がかなったお客様の笑顔が何よりも大きなやりがいに。その経験の積み重ねが、設計としての知識と技術を高めます。また、専門知識を活かし、配属先では住宅営業へのアドバイスを行うほか、工事課の監督とは施工時の情報を共有するなど、家づくりのキーマンとしても活躍します。

工事監督

図面通りが当たり前の世界で、
一条工務店のクオリティを現場で守る。

施工現場の監督として、「工程・品質・施工・安全・環境」の5つを管理し、住宅営業、設計がつないできたお客様の夢を、最後にカタチにする工事のシゴトは、一条工務店の性能と品質を守る役割を担います。すべての現場に工事課の監督が立ち会い、直接職人さんを管理しているのは、高気密・高断熱、全館床暖房といった一条工務店が誇る性能・設備が、その能力を100%発揮できる環境を整えるため。必然的に、社内基準や現場レベルは非常に高くなっていますが、だからこそ、信頼できる腕のいい職人さんが集まった現場で、ものづくりの醍醐味を体感できます。

新商品や仕様変更、業務プロセスの改善など、文字通り、日々進化する一条工務店の家づくりでは、職人さんとの情報共有が欠かせません。また、図面だけではわからなかった現場でのトラブルの対応に、職人さんのアイデアが活かされることも。職人さんをはじめ、現場を訪れるお客様とも良好な関係を築くためのコミュニケーション能力も、このシゴトでは求められます。