望む未来
描けるように

長い間つき合っていくのが自分の家。新築時の快適さや美しさは当然のこととして、いかに長くその性能と質を保ち、心地よく暮らし続けることができるかが住まいの真価であると一条は考え、耐久性の向上に取り組んでいます。建てた時の高い性能を維持し、次の世代にまで自信をもって引き継げる住まいをお客様にお届けしています。

01

住み続けてからこそ実感するのが性能です。

住まいにおいて特にメンテナンスの負担が大きいのが、屋根と外壁。一条は葺き替えや塗り替えがいらない屋根一体型の太陽光パネルを取り入れ、外壁にセルフクリーニング機能を備えた「ハイドロテクトタイル」を採用しています。さらに、見えない部分の耐久性もばっちり。中に使用する断熱材には湿気を含みにくく変形しづらい長寿命の「高性能ウレタンフォーム」を採用し、防腐防蟻処理は建築基準法の規定を超える広範囲に施しています。建てたときの性能を住んでからもずっと保つ。それがわたしたちの目指す家づくりです。

メンテナンスの軽減 葺き替えや塗り替えがいらない屋根一体型太陽光パネル。外壁タイルもセルフクリーニングでいつまでもキレイ!|見えないところも 高性能ウレタンフォームを採用。湿気を含みにくく変形しにくい。さらに断熱性が持続する長寿命な素材です。他にも適材適所の防腐防蟻処理も。
02

自社工場で作るのには、理由があります。

一条の住まいは自社グループ工場でほとんどの部分を生産しています。それは、1棟あたり1万点以上にも及ぶ細部の部品にまでこだわりたい、そしてお客様へは適正価格でご提供したいという想いがあるから。工場生産のメリットはもうひとつ、壁に窓などをはめ込んだ状態まで組み立てられること。現場施工ではできない高精度な作業を行うことで、より高性能な住まいをお届けすることができます。家を長持ちさせるためには、まず建てる時の質が重要であると私たちは考えています。

工場生産率約80%
scroll